医師による正確診断The check which isn't mistaken

診断が難しい双極性障害【専門医や周囲の協力を得て治療しよう】

見極めが難しい気分障害

双極性障害の症状について知りたい方はコチラをご覧ください。分かりやすい説明で、知識を高める事ができますよ。

スーツの男性

躁うつ病の症状とその特徴

気分障害の中でもとりわけその診断、見極めが難しいものとして知られているのが双極性障害、所謂躁うつ病です。双極性障害とは、気分が落ち込み食欲低下や睡眠障害を引き起こすうつ状態と異常なほど気分が高揚し活動的、積極的になる躁状態とが交互に現れる病気です。このうつ状態と躁状態の間には心身に何の症状も現れない空白期間があるのが特徴で、双極性障害がごくごく軽度の場合であればこの空白期間もより長くなるため発見が遅れてしまう傾向にあります。双極性障害の躁状態は、ただテンションが上がるというわけではなく、その異常性が極端に現れていきます。仕事や家事、勉学に意欲的に取り組むもののミスが多い、さらには本人はそのミスを気にすることもないため周りに迷惑をかける頻度も多くなります。双極性障害の場合、定型うつ病のように長期に渡ってうつ状態が続くというわけではないためさほど深刻にとらえられないこともありますが、症状を放置することによって定型うつ病以上に危険が高まる可能性もあるのです。一般的に、双極性障害は定型うつに比べて自殺願望が強く現れる傾向があります。さらに症状が悪化して重度になってくるとその願望も顕著に、高頻度で現れてくるようになるため、家族や周りの人間は患者以上に気を遣う必要が在るのです。さらに躁状態の対処も、症状が重度になればなるほど難しくなっていきます。場合によってはその対応によって周りの人間、家族が精神的に参ってしまうケースもあるため、患者はもちろんですが同時にサポートに入る人間のケアも重要になっていきます。

家族ケアの重要性

双極性障害の躁状態の症状としてよくあげられるのが、先にも挙げたような異常なまでのハイテンションです。さらにケースによっては急に怒りっぽくなったり、不機嫌になったりと感情のコントロールが下手になっていることもあります。そして何より注意しておきたいのが、この躁状態の期間は注意力が散漫になり冷静な判断ができなくなるという点です。注意力が散漫になれば作業効率も下がり仕事や勉学にも支障を来します。さらに自分が意欲的に取り組めることにだけ熱中してしまう傾向にあるため、ショッピングやアルコール、ギャンブルなどに見境なく依存してしまうリスクもあるのです。ここまで来るとその他の二次的な依存症を併発する恐れもありますし、何より家族がフォローしきれない部分が出てきてしまいます。家族は出来るだけ患者の生活をサポートしていく必要がありますが、だからといってすべての責任を負うとなるとどうしても負担が大きくなりすぎてしまうのです。そこで活用したいのが、こうした双極性障害を発症した患者の家族サポートを積極的に行っている相談施設、医療施設です。何も家族だけですべての責任を負うというわけではなく、医療スタッフや専門の相談員と協力しながら患者をサポートしていくのです。専門の知識をもったスタッフであれば、素人が考えるよりも適切なアドバイスができますし、何より患者やその家族に寄り添った治療計画、将来設計を立てていくことが可能になります。誰か一人が悪いという問題ではなく、患者本人、家族や医療スタッフ、全員で治療に取り組むことでよりスムーズな回復が望まれるわけです。

躁鬱症状とその対処

ウーマン

双極性障害は発見が遅れればその分家族や周りの人間にも影響を及ぼすことが多いため、早め早めの治療がカギとなります。相性の良い医師やクリニックをうまく選択すれば回復の可能性をより高めることができますし、不快な症状を悪化させる前に解消していくことができます。

Read More...

うつ病とは違う精神疾患

女医

双極性障害は躁と鬱の状態が交互にあらわれてくる精神疾患です。最初は鬱の状態が多く表れてきますので鬱病と診断されることが多くあり、治療が長引いてしまう原因にもなっています。治療には気分転換薬を服用します。

Read More...

発症時や治療時の留意点

女性

双極性障害は初期症状が躁症状であるケースも鬱症状であるケースも存在しますが、いずれの場合も患者自身が自らの症状を双極性障害と判断するのは困難です。ですので、家族などの身近な人の存在が重要で、その点は治療を開始してからも変わりません。特に専門医を受診する際には家族に同行してもらうことが有効です。

Read More...

Copyright© 2015 診断が難しい双極性障害【専門医や周囲の協力を得て治療しよう】 All Rights Reserved.