女の人

診断が難しい双極性障害【専門医や周囲の協力を得て治療しよう】

発症時や治療時の留意点

女性

初期症状の発見の難しさ

双極性障害は躁症状と鬱症状が交互に現れる精神疾患で、的確な治療の開始が遅くなればその分だけ症状が重くなるという特徴がありますので、少しでも早く的確な治療を施すことが大切です。双極性障害の発症時に躁症状と鬱症状のどちらの症状が現れるかは患者によって異なりますが、いずれの症状が現れた場合も自らに過去の罹患歴があったり、家族などの身近な人が双極性障害を発症してその様子を間近で見てきたといった経験のある人を除けば、患者本人が自身に現れた症状を双極性障害と自覚することは難しいという特徴があります。ですので、早期治療を可能にする上では双極性障害の特徴を把握しておくことが大切なのです。症状が発症した患者本人が早期に自らの症状が双極性障害であるという点を自覚することが困難な理由は初期症状が躁症状か鬱症状かによって異なります。初期症状が躁症状である場合、そもそも躁症状は患者本人にとっては何ら不調や苦痛を感じるものではなく、むしろ快調だと感じているケースが大半です。そのため、患者本人が自覚することが困難なのです。また、双極性障害は躁症状の程度に応じて2つの型に分かれますが、躁症状が強い型の場合は躁症状に伴う態度によって周囲との人間関係に支障をきたす場合がありますので、そこで周囲が双極性障害の疑いを感じられるかが重要になります。一方の躁症状が弱い型の場合は、周囲との人間関係に支障をきたすほどの態度の変化は現れないため、家族にとってもより双極性障害の疑いを感じることが難しいと言えます。一方の初期症状が鬱症状である場合には、患者自身は調子の悪さや苦痛感を感じますので、体調不良を自覚することはできます。しかし、その症状の発症理由が双極性障害によるものなのか、鬱病などの他の精神疾患によるものなのかを見分けることが困難なのです。

周囲の協力が大切

双極性障害を発症した際にいち早く的確な治療を受ける上で、そして治療期間中にもより適切な治療を受けていく上で大きなメリットとなるのが家族などの周囲の人の協力です。特に、心療内科や精神科といった精神疾患の専門医を受診する際は日頃から患者本人と接する時間の長い家族が同行することが有効です。というのも、精神疾患の場合に医師が患者の症状や治療方針を判断していく上で何よりも大きな判断材料とする要素が患者側からの説明となるからです。双極性障害の場合は、前途の通り、初期症状が躁症状である場合には、患者本人には自覚症状がありませんので、いつ頃から症状が現れ、具体的にはどのような症状であったのかを患者本人以上に的確に説明できる存在が家族ということになるのです。また、初期症状が鬱症状である場合、その原因を探る上では経過や具体的な症状に関して詳細で具体的な情報を収集した上ででないと医師にとって的確な診断を下すだけの判断材料が集まりません。従って、医師にとっては患者本人だけでなくその家族からも情報を得られる方が的確な診断を下すために効果的なのです。そして、初期症状が鬱症状であった際に、その原因が双極性障害によるものなのか、鬱病などの他の精神疾患によるものなのかを的確に判断することがなぜそこまで重要かといえば、鬱病のもっとも一般的な治療薬と言える抗鬱剤は双極性障害の患者が服用してしまうと、躁症状が更に進行してしまい、却って双極性障害を悪化させてしまうという可能性があるからです。

Copyright© 2015 診断が難しい双極性障害【専門医や周囲の協力を得て治療しよう】 All Rights Reserved.